安心・安全極める

選び抜かれた産地

  • 純国産
  • 国産/国内肥育

純国産

純国産はその名のとおり日本国内で産まれ、熊本で肥育された馬です。

現在純国産馬(日本生まれの日本育ち)は非常に少なく、流出している馬のほとんどがカナダ産と言われています。

その希少な馬を出産・飼育まで、他人の手に一切触れることがない安心できる環境で育てて、抗生物質・添加剤を一切使用せず、馬にとってより自然に近い最適な場所を維持している牧場様と契約しておりますので、その味はまさに別格です。

国産/国内肥育

当店で取り扱う国産と国内肥育はどちらもカナダで産まれ、熊本で大切に育てられた馬です。
※国内肥育は稀にフランス産が入ってくることもあります。
この2つの産地の違いは、肥育期間にあります。

どちらも最終肥育地は熊本ですが、
国産はカナダよりも熊本で肥育した期間(約2年ほど)が長く、国内肥育はカナダで育った期間が長く、熊本では6カ月~1年ほど肥育した馬になります。

カナダで産まれ、丈夫に育った仔馬は動物検疫を受けて、空輸で運ばれて来るのですが、実は、日本へ着くころには、全く違う環境へ来たストレスで多くの馬は痩せてしまうのです。

運ばれてきた馬を短期間しか肥育せず、すぐに殺畜してしまう業者さんもいますが、痩せてしまうと、どうしても脂が少なくなり、美味しさが半減してしまいます。
そこで、当店では熊本・阿蘇の牧場でストレスがかからないように手厚く配慮し、ベストな環境で長期間(最低でも6ヶ月以上)大切に育てて、ストレスフリーな馬だけを出荷するのです。

この日本(特に熊本)での肥育期間がとても重要で、特製の配合飼料と丁寧に育てられた穀物を食べてすくすく育った馬は脂がのり、見事な真っ白いサシが入ります。

徹底した衛生管理

  • 50g個包装
  • 瞬間真空冷凍
  • 馬肉専用工場

50g個包装

馬刺しの業界では100g以上での販売が多い中、当店では食べやすさを追求し、食べきりサイズの“50g個包装”を実現いたしました。

残す必要がないのでロスが減り、何よりとても衛生的です。

※純国産のみ100gとしています。特に美味しいのでペロリと食べられる容量といたしました。

瞬間真空冷凍

生食用食肉の衛生基準のガイドラインに基づき、最新設備と厳しい衛生管理の下、さばいた馬を各生産会社様の規定によりマイナス30℃~70℃で瞬間真空冷凍し、さらに48時間以上冷凍保管してから出荷しています。
この作業によって、旨みを閉じ込め、より安全に、いつでもご家庭で新鮮な馬刺しを味わうことが可能となりました。

飼育から加工までを一貫して行われた馬刺しはまさに鮮度抜群なのです。

馬肉専用工場

一部国内肥育においては、「ISO22000(※)」を取得した馬肉専用工場(馬肉の受入・解体・加工・包装・出荷)で衛生的、かつ迅速に加工するので新鮮な一番良い状態で発送いたします。

※ISO22000とは?

国際標準化機構(International Organization for Standardization)が、HACCP(※1)システムと品質マネジメントシステムの考え方を組み合わせた食品安全の国際規格です。これまでも日本では厚生労働省の総合衛生管理製造過程という形で制定されていましたが、ISO22000は世界共通の食品安全マネジメント規格として発行されたものです。

※1:HACCP
HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( CriticalControl Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。出典:厚生労働省

馬刺しはさばきたての生肉が一番!
という考えは昔のこと

ドリップ(解凍時にお肉からにじみ出る水分)をおさえ、新鮮なまま保管できる日々進化し続ける冷凍技術と、加工を知り尽くし熟練した生産者様がいるからこそ、美味しい馬刺しをお届けできるのです。